アフィリエイトにおける広告の選び方ではデータを重視しよう

アフィリエイトで重要なのは広告の選び方になりますが、どの広告を使うか?に関して決めるときには、広告の種類やサイズなども慎重に見極めないといけません。
どの会社の広告を実際に紹介するか?を決めたら、いくつかある選択肢から実際に広告の形態を選んでブログなどに載せていきますけど、どれでも良いわけではないのです。
1つの会社の広告には、バナー広告とテキスト広告が複数用意されていることが多いです。
そして、バナー広告はサイズやデザインが違っており、テキスト広告は文字列が違っているのです。
そういった部分をきちんと認識したうえで、選んでいく必要がありますけど、ASPによってはどのタイプの広告が利益を生みやすいか?というデータが載っている場合があります。 そういったものを参考にすることで、選ぶべき広告のタイプが見極めやすいと言えると思うのです。
1クリックあたりの報酬額とか、クリック率とか、そういったデータがASPによっては公開されているので、そういうデータをあまり見ていないとか、日ごろから無視しているという人もいるかもしれませんが、これは貴重なのです。 特にバナー広告とかはサイズやバナーそれ自体のデザインに差がある場合も多く、自分の好みで選んでしまうと、ユーザーから見たときに魅力的に見えない、クリックしたいと思えないものを実際に使ってしまう可能性があるのです。 したがって、アフィリエイトで広告を選ぶときにはどの広告が利益を多く発生させやすいか?という点を考えないといけないということになります。
特にクリック率は重要で、クリックされないと絶対に成果が発生しませんから、そこの差はよく見ておきましょう。 クリック率が上がれば上がるだけ、クリック数が増えやすくなります。そして、クリック数が増えれば増えるほど、そこから成約に結び付く数も増えるので、結果的にアフィリエイトの収入も増えやすくなります。
そして、多くの人はバナー広告を中心に使っているのではないか?と思いますけど、意外とテキスト広告のクリック率も高いものがあって、そういったものも組み合わせていきたいです。 バナー広告の方が目立つからクリックするんじゃないか?と思う人もいますが、目立たないからこそ広告とは思われずクリックされる部分があるのがテキスト広告なのです。
したがって、アフィリエイトにおいて広告のタイプとかを選ぶときには、バナー広告とテキスト広告をバランスよく使っていくことも同時に考えていくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です