流動性のある新興市場の株で勝率の高いトレードをするコツ

投資ビジネスの株で儲けている人の中には流動性さえあればよく知らない企業の株でも買うという人がいます。どんなビジネスをしているか分からない企業の株を買うのは不安になるのが普通ですが流動性のある銘柄を売買することにはメリットが多いです。流動性がある株は買いたい時にすぐに保有できるなど注文が通りやすいのでスムーズに売買できるのが特長です。流動性を重視する投資家は東証一部で売り板と買い板が多く並んでるような株を投資するのが好きなものです。市場が閉じたあとで重要なニュースが発表されて多くの株に影響が出ることはしょっちゅうあります。翌日に持ち越した株で損をするのが嫌な人が手仕舞いを早くしてしまうことがあるのですが、リスクを覚悟して持ち越す勇気を持つことは肝心です。多くの銘柄を買っていると含み益が出ている株ばかりではなく、含み損になっている株も保有してしまいますが全体で利益が少しでも出れば全てを手仕舞いするといいです。大きなプラスになるまで株を手放さないと思ってしまうと損失が増えるリスクが上がってしまうので微益でも利確を決断することが重要です。 前日比でかなりのプラスになっていても油断しないことが鉄則です。順調に上昇していた銘柄が急に下降することはいつでもありえます。特に新興株は値動きが激しいのでトレンドが強くても用心しながらベストな利確のタイミングを探ることが肝心です。投資家の意向に合わせて株価が動いてくれるわけではないので、相場の状況を的確に捉えてトレードを続けることが基本です。新興市場の株は他の市場の株よりも流動性があって上手く行けばリターンが大きいことが有名です。ただ、穏やかな動きの銘柄ばかりをトレードしている投資家がいきなり新興市場の銘柄を取引するスタイルに変えるときには注意が必要です。日足を確認すれば分かることですが、新興市場の銘柄は一直線に上がることもあれば一気に下がり続けることがよくあります。そのため、投資の決断を迷っている時間が長いといつの間にか大きな損失になってしまいます。新興市場の株で儲けたいのならば大きく下がるリスクのある銘柄の特徴を調べて損失が膨らまないように気をつけてトレードをするべきです。逆張りが得意な人が新興市場の株ばかりを狙うことには理由があります。他の株と比べて流動性がある新興市場の株は下落をしていてもどこかで反発をすることがあるのが普通です。だから下がりきった銘柄を買えば儲かりやすいので新興市場の株をネット取引する際に大きく稼げる手段の一つが逆張りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です