移動平均線やローソク足分析はFXのみならず全ての投資において重要

移動平均線とローソク足は最低限覚えましょう

株式投資を行っていくと必ず目にするのが移動平均線やローソク足です。これらは株価を読み解いていく上でも大変重要な指標なので、積極的に基本的な事項だけは確認していくようにしましょう。

移動絵平均線で株価の流れを読む

移動平均線はその株価の推移をプロットした線です。この線を目安にして多くの投資家は株式の売買を行っています。是非、自分の売買の判断指標としてこれを有効に活用していきましょう。

移動平均線は短期、中期、長期と3つの線が存在しています。この線は株価の支持線や抵抗線としての機能も有しています。株価の底を見たり、天井を予測する際にはこの線は大変重要な判断指標となりますので、自分の投資に必ず有効に使っていきましょう。

投資の勉強を始めると必ず耳にする言葉にゴールデンクロスやデッドクロスという言葉が存在しています。これは大変有効な売買のシグナルとなります。必ず覚えておいておいて下さい。
短期の移動平均線が中期線を抜けるのがゴールデンクロスです。

このタイミングが生じると株価は大きな上昇のシグナルとなっていきます。また反対に下に抜けるタイミングの事をデッドクロスと言います。これは下落のシグナルとなりますので、注意深く自分のポジションを整理していきましょう。

ローソク足でその日の相場の過熱感を知る

ローソク足もまた大変重要な売買判断の指標となります。これはその日の終値と始値を記し、またその日の値幅を知り、相場の今後を予測するには大変重要です。

その日の始め値と終値を比較して終値の方が高ければ陽線と言います。これは終わりにかけて値段が上がっているので翌日以降も相場が上昇する可能性が高い事を示唆しています。反対に終値の方が低いローソク足を陰線と言います。

これは大引けにかけて株価の値段をが下がっているという事ですので、翌日以降にも不透明な要因が多く残っているので注意が必要です。

ローソク足が長ければ長い程、値幅が大変大きい相場環境で売買が白熱している事を表します。移動平均線とローソク足は価格のみならず、出来高にも同じ原理が該当しますので、それぞれの特性をよく見極めて売買のタイミングを図っていきましょう。

テクニカルチャートを見る事の重要性

移動平均線にしろ、ローソク足にしろ、ここで書いたのはごく基本的な内容です。これ以外にも高度なテクニカル分析の手法は存在していますし、移動平均線やローソク足にしても大変奥が深いです。

これから投資を始める方はこれらの指標を参考にしながら自分の投資判断をどんどん合理的に行っていきましょう。テクニカル分析がきちんとできれば自分の投資の幅はどんどん広がっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です